エピラット除毛クリーム 使い方

エピラット除毛クリームは薬局やドラッグストアで気軽に購入できるので使っている人は多いですよね。エピラット除毛クリームの正しい使い方と注意するべきことをお伝えします。
MENU

エピラット除毛クリームの正しい使い方と注意すること3つ!

<エピラット除毛クリームの基本的な使い方>
エピラット除毛クリームの使い方はとても簡単です。

 

付属のヘラがついているので、必ず付属のヘラを使って除毛しましょう。

 

ステップ@まず、ヘラのピンクの部分(固いところ)にクリームを適量つけましょう。

 

ステップAムダ毛が隠れる程度(1mm〜3mm)の厚さにクリームを塗っていきます。

 

もったいないからと、薄くクリームを塗ってしまうとキレイに除毛できないので注意してくださいね。

 

ステップB塗ったら5〜10分程度放置します。

 

塗り忘れている部分がないか確認してくださいね。

 

ステップCヘラの白い部分(やわらかいところ)でやさしくクリームを取りましょう。

 

ステップDシャワーで残ったクリームを洗い流し、終了です!

 

 

<エピラット除毛クリームの効果的な使い方>
エピラット除毛クリームの基本的な使い方をして「ムダ毛が除毛できなかった」という人は、効果的な使い方を参考にしてみてくださいね。

 

【ムダ毛を短く切ってからクリームを塗る】
ムダ毛をあらかじめ短く切っておくことでクリームが毛穴に入りやすくなりますよ。

 

カミソリではなく、電動シェーバーなどを使って剃れば肌を傷つけないのでおすすめです。

 

【肌を濡らさないようにする】
エピラット除毛クリームに限らず、除毛クリームを使うときは肌を濡らさないようにすることが重要です。

 

除毛クリームの使い方としてお風呂場を利用する人が多いと思いますが、肌が濡れていると除毛効果がかなり落ちてしまいキレイに除毛できません!

 

お風呂場で使う場合は肌を濡らさないように注意し、濡れた場合はタオルなどで拭き取ってからクリームを塗りましょう。

 

【入念にクリームを塗る】
まず、クリームを薄く塗り毛穴までクリームが入るように慎重に塗りましょう。

 

そのあと、ムダ毛が隠れるくらいに2度塗りしましょう。

 

そうすることで毛穴までクリームが入りやすくなりますよ。

 

 

<エピラット除毛クリームを使うときの注意点@生理中や妊娠中は使わないこと>
生理中や妊娠中にエピラット除毛クリームを使うと肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

 

生理中や妊娠中は体内のホルモンバランスが崩れているので、いつもより肌が敏感になっています。

 

なので、生理中や妊娠中に肌に刺激を与える除毛クリームを使うとニキビや肌荒れ、湿疹、かゆみ、かぶれなどの肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

 

生理中や妊娠中は使わないようにしましょうね。

 

 

<エピラット除毛クリームを使うときの注意点A保湿しよう>
基本的な使い方、効果的な使い方をしたとしても除毛したあとのアフターケアをしっかりと行わなければ肌トラブルが起きてしまいます。

 

除毛クリームを使うことで皮膚の表面を傷つけることはありませんが、皮膚表面の油脂が溶け出してしまいます。

 

肌の油脂は外から菌が入るのを防いで体内の水分が蒸発するのを防いでくれます。

 

この油脂がなくなることで菌が入りやすくなり、炎症を起しやすくなるので乾燥してかゆみを感じやすくなってしまいます。

 

エピラット除毛クリームを使ったあとは保湿クリームを使ってアフターケアをしっかりと行いましょう!

 

ローションよりも油分をたっぷりと含んでいる伸びのいい保湿クリームを使うのが効果的ですよ。

 

 

<エピラット除毛クリームを使うときの注意点B連続使用はダメ!>
「うまく除毛できず、ムダ毛が残ってしまった…」

 

というように、初めのうちは除毛クリームの使い方やコツがつかめず失敗してしまうこともあると思います。

 

しかし、うまく除毛できなかったからといって続けてもう一度除毛クリームを使うことは絶対にしてはいけません。

 

肌へのダメージが重なってしまうので最低でも1日あけてから再度使うようにしましょうね。

 

>>デリーモ(deleMO)は楽天でも買えるけど…【届かないってホント?】

このページの先頭へ